SDGsの取り組み

 

 

スルシィは、国連が掲げる国際目標SDGsに、特に、ゴール1「貧困の削減」、5「ジェンダーの平等」、12「つくる責任、使う責任」の分野において、事業を通して取り組んでいます。創業以来、フィリピンの女性の雇用機会の創出と、経済的独立の支援を行い、環境負荷の少ない素材を用いたエシカルなバッグを消費者に届け、長く愛用していただくというエシカル消費の普及にも努めています。

 

 

 

 

課題解決へのさらなる取り組みを図るため、2019年3月、ビジネス行動要請(BCtA)に加盟しました。世界で約230社目、日本では12社目に加盟の承認を受け、創業10年未満の小規模企業としては初めての加盟となります。

 

 

 

 

SDGs(持続可能な開発目標/Sustainable Development Goalsの略)
2030年までに解決するべき世界の課題に対して、国連で採択された世界で取り組むべき目標。17のゴールと、169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さないことを誓っています。
詳細についてはこちら

ビジネス行動要請(Business Call to Action:BCtA)
国連開発計画(UNDP)、オランダ外務省、スウェーデン国際開発協力庁(Sida)、スイス開発協力庁、英国国際開発省(DFID)、米国国際開発庁(USAID)が協働し、SDGsの達成を目的に、民間企業による、商業的な成功と開発への貢献を両立するインクルーシブビジネスモデルの開発促進、支援をしています。
詳細についてはこちら

ページ上部へ戻る