セブ工房

スルシィのアトリエ工房は、フィリピン・セブ島の中心地セブシティから南へ約40キロ、バスで約1時間半のカルカル市(Carcar city)にあります。

 

編み子さんたちは工房で、バッグのアイロン掛けや編み方の分からないところを教わったり、時には編む手を休めおしゃべりに興じたり、いつも楽しそうにバッグを編んでいます。月2回の給料日は、一番工房が賑わいます。

 

古い時代から旅人が行き交った街道沿いの街として栄えてきたカルカルは、スペイン時代に建てられた古い建物も残っており、「セブのヘリテージタウン」とも呼ばれています。雷おこしのようなアンパオや豚の皮を油で揚げたチチャロンが名産として有名です。またサンダルや靴の生産地としても知られています。

 

ページ上部へ戻る